大震災

まずは先日の東北地方太平洋沖地震での被害にあわれた方々に深くお見舞い申し上げます。被災地から遠い西脇ですが、義援募金等出来る事は少なからずあると思います。
情報が錯綜する中、現在も不安を煽るようなデマや間違った情報等がチェーンメールで出回っているようです。私の所にも関西電力を装った節電協力依頼のメールが入ってきましたが、関西電力のホームページによると、実際には電気の周波数の違いにより、関西から関東へと周波数を変換し送電できる容量には上限があり、現在の所特別な節電を必要とする状況にはないようです。関西地域はどちらかというと『節電すべき地域』よりも『最大限の経済活動を継続させるべき地域』のようです。
ただ、どの程度の容量かはわかりませんが事実送電は行われている状況ですし、少しでも何かの役に立てばという思いは大切であると思います。原発の事や災害状況、身元確認の全容が今だ把握できていない状況ではありますが、一日も早い復旧を心からお祈りしております。

ウォーキングマシン


本日はこの施設の修繕工事にかからせていただきました。どのような建物かというと競走馬の運動不足解消やリハビリ等に使用されるウォーキングマシンです。
RIMG0494.jpg
馬が6頭入れるように内部には金網とゴム板で間仕切りされています。5mm径のかなり頑丈な金網ですが馬が蹴ったりし、溶接部が損傷しひどい所は大きな穴があいてしまっています。
RIMG0418.jpg
再使用できる部分と新しい材料を合せ再度溶接しなおします。
RIMG0505.jpg
予定していたよりも早く施設本体のフェンスの補修も完了し明日からはまた安全に使用していただけます。
RIMG0515.jpg

修繕工事

倉庫の中の木組みの柱の交換をご依頼頂きました。この木組みはなにかというと...

競争馬が病気になったり具合が悪くなったりした時に診察為に馬をつないでおく診察台のようなものです。
馬が暴れた際でもケガをしない様に木の丸柱が使用されています。
IMG_8569.jpg
ただ、水を使ったっりもする場所なので長年の使用で柱の足元がすっかり朽ち果ててしまっていました。
今回は上の木組みはそのまま利用し、柱だけを交換していきます。できるだけ馬のストレスとならない様に現地での作業を最小限におさえる為に木材の加工等は加工所で済ませて現地に搬入します。
IMG_8582.jpg
柱の足元には強力な木材防腐剤を塗布しておきます。順調に交換が進行しています。
IMG_8584.jpg

野村橋工事状況

IMG_8394.jpg
野村橋の下部鉄骨がつながりました。まだまだ先は長いですが早く元通り渡れるようになってほしいものです。
先週の13日には重春橋が開通しましたね。三世代の渡りぞめや子供みこしなども出てお祝いがされたようです。私も後日渡ってきましたがなかなかすばらしい橋がかかっていました。

店舗カウンター

RIMG0101.jpg
店舗内装のリフォームとカウンターの製作を御依頼いただきました。
素材は玄関収納やカウンターによく使われるシナの合板とパインの集成材を利用しています。
着色塗装をすることによってまた違ったイメージになりますね。
RIMG0102.jpg
カウンターの裏側はデスクとして利用できる様にパソコンが入る寸法になっています。