外壁の仕上



▽子供たちに手伝ってもらい、外壁に使う杉板に保護材を塗りました。
今回は謎の粉をつかいます。
”ウッドロングエコ”
謎の粉末なので詳しい事は謎ですが、杉板に塗ると
自然なとてもよい風合いに変色します。

▽まずは塗装面をきれいに掃除。
のこぎりで引き割ったままの杉板なので木屑がたくさんついています。
頑張ってきれいにしていきます。

▽掃除が済んだら、いよいよ塗装です。
ばけつにはった水に謎の粉を投入してぐるぐるよくかき混ぜます。

▽ローラーや刷毛で塗っていきます。
塗る、というよりは板の表面をまんべんなく濡らしていくと化学反応で変色していく感じです。
刷毛ムラ、色ムラなど全く気にしなくていいので、子供でも簡単です。

▽現場へ搬入して大工さんにバトンタッチです。

▽今回はほかにも何種類かの仕上げ材を使用しています。
左官仕上げ。火山噴出物のシラスが原料のそとん壁。

▽ガルバリウム鋼板、一文字葺き

一枚一枚手加工で制作したものを張っていきます。


▽こちらはシダーシングル
ウエスタンレッドシダーを板状に割ったものをうろこ状に張っていきます。

▽今回初めて挑戦した付加断熱工法
サッシの付け方、仕上材ごとの下地の造り方、外壁の通気、小屋裏の換気
それぞれの条件をクリアするため、かなり苦労しましたが無事に外部工事完了です。
メンテナンスは次の世代までフリーの予定です。

長期優良住宅 -そよ風のいえ-


なかなかBLOG更新の時間がとれず・・・
しかし現場のほうは順調に進行中です。
また少し時間を溯ってのご紹介です。

▽屋根材一体型太陽光発電システムの施工中です。


▽今回は空気集熱式ソーラーシステムと採用しています。



▽サッシは断熱性能のよい樹脂サッシを採用しています。
ガラスは低放射(Low-E)複層ガラスで、南面は冬場の日射熱を取り入れられるタイプとしました。

▽断熱工事、高性能グラスウールの充填断熱工法で施工中です。
仕様規定の基準値を満たすように熱抵抗値2.8㎡・K/Wの性能のものを使用しています。


▽兵庫県産材多様しています。県産木材融資を利用しています。

▽外壁は通気工法の左官仕上げです。
“そとん壁”という火山灰からつくられた100%自然素材のメンテナンス不要の素材を採用しました。