タグ : 鉄骨造

薬局新築工事

本日は足場の解体作業が進行しています。

正面から見ると1階建ですが、乗入れ部が2階部分に接続されているのでサイドから見ると2階建てであることがわかります。

内部のほうはほぼ完成しカウンターや調剤台などの搬入も終わりました。明日は保健所の検査を予定しています。

薬局新築工事

内装のボード貼も完成に近づいてきました。週末からはクロス工事へと入っていく予定です。

薬局新築工事

軽量鉄骨下地工事が進行しています。11月4日の保健所の検査に向けて順調に工事が進行しています。軽量鉄骨は木材の様に反りや曲がりがでず、施工性も良いのでオフィス、店舗、マンション等では多く使用されています。

外部は足場シートに覆われて見えませんが外壁のサイディング貼りが進行しています。

鉄骨造新築現場

20日に建方を行う予定だった薬局の新築工事ですが、台風の影響で明日22日へと延期となりました。

本日は、現在までの状況を少しさかのぼって紹介します。前回紹介させて頂いた、コンクリート打設作業が完了すると、コンクリートの強度が発生する為の養生期間を置いた後に型枠を解体します。

埋め戻しの前に設計通りの寸法で基礎が完成しているか検査をおこない写真を撮影し記録を残しておきます。

先週の木曜日には埋め戻しが完了し建方の準備は万全でしたが、のろのろ台風のおかげで建方作業は出来ませんでした...

西脇でもこの二日間はかなり雨が降り続き河川も増水しました。河川改修は進んでいるのですが、それにも増して気象変動に伴う大雨や災害が多くなってきているようなきがします。

明日からは天候も回復するようなので、建方の状況を報告できると思います。

薬局新築工事

なかなかブログで紹介出来ていませんでしたが、以前少し紹介させて頂いた薬局の新築工事も順調に進行しております。現在は基礎のコンクリート打設が完了し9月20日の鉄骨建方にむけて工事を進行させていっております。

鉄筋の繋手は、木造の基礎でよく行われる重ね継手ではなく、『圧接』といって接続部分の鉄筋を加圧しながら加熱し溶接する方法で接合していきます。

鉄筋工事が終わると、鉄筋のピッチ・太さ・形状等が設計通りに組まれているか全ての部分で検査を行い、工事写真の撮影を行います。