タグ : ZEH

-ゼロエネハウス-


完成しました
▽屋根の上



▽玄関ホール


▽LDK





▽ホームシアター

▽オリジナルアイランドキッチン



▽洗面化粧台

▽浴室


▽子供コーナー

▽子供室


▽ベッドルーム

▽書斎


▽シークレットルーム

気密・断熱工事



▽気密工事中、外壁は構造用面材で気密層、天井は桁上の水平構面で気密層としています。

▽サッシは樹脂製のトリプルガラスの物を採用しました。

▽屋根仕上、ガルバリウム鋼板スタンディングシーム。

▽排熱用の頂側ドレーキップ窓から屋根の上に出られるように計画しています。
花火と流れ星を眺める為です。

▽充填断熱材には調湿性があり、熱容量の大きいセルロースファイバーを採用しています。
熱容量が大きいと室内の温度の変化を小さくし快適性を向上させます。
主に神戸新聞からできている・・・とか

充填の様子、隅々までびっしりと詰め込んで行きます


壁はセルロースファイバー105mm+グラスウール105mm、屋根は300mmの断熱層としています。
室内側防湿層には調湿性能のあるデュポン社のザバーン®BFを施工しています。

気密工事が完了した段階で隙間がないか検査を行います。

玄関・リビング・浴室・土間など外部建具にもオリジナルの木製建具を多用していますが
工夫を重ねて気密性能を向上させた結果。
C値0.7、n値1.48とまずまずの値でした。

認定長期優良住宅かつゼロエネハウス、工事進行中


防蟻断熱材が搬入されました
アメリカ製のパフォームガードとう商品で
半永久的に白蟻の侵入を防ぐ、世界で唯一の特許製品です
今回は床下エアコン暖房を採用しており
基礎のコンクリートに蓄熱させるために
20CMの厚みの物を基礎の底に敷き込みました

▽断熱材の無いところは熱的境界の外側です
ちなみにビルトインガレージになります

▽型枠の建込みが完了しました
基礎の外側の仕上げはこだわりのコンクリートの打ちっ放しとしました

▽基礎の鉄筋工事

▽土間上の立上りを無くした地中梁形式で空調された空気が隅々まで巡るようにしています

▽アンカーボルト、ホールダウン金物も正確に位置を決めて固定しておきます

▽専門の第三者機関の検査を受けて、基礎コンクリート打設の準備が完了しました

進入口の坂道


山の麓の土地は一段高くなっていて
敷地への乗り入れは
軽自動車がようやく通れるだけの激坂でした


とても日常的に使える物ではありません
そこで勾配を緩やかにして幅を拡げるために
スペースに余裕のある反対側から
緩い坂道を造り直す事にしました

硬い岩石がたくさん出てきて大変苦労しています

しかし少しずつ確実に進めていきます


 最後の仕上げ
スロープのコンクリートの打設中です
ようやく敷地へ乗り入れできるようになりました

ゼロエネハウス -麓のアソブイエ-


みはらしの山の麓に
ZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)を建てはじめました
ZEHとは高性能設備と高断熱化によって快適性・省エネ性を大幅に高め
太陽光発電などでエネルギーを作り
その家で消費するエネルギー量がネット(正味)でゼロ以下となる住宅の事です

国土交通省からのゼロエネルギー住宅の認定を受けています

UA 0.41w/㎡K (HEAT20 G1超)
ηA 1.4%           



地鎮祭-工事の安全を祈願しました