-現場近況-

断熱・耐震リノベーションの様子です。


▽玉石の上に建てられている部分は補強の為、土間コンを打って、それに柱をアンカーボルトで固定します。

▽リビングの部分は基礎断熱工法を採用して床下蓄熱暖房の蓄熱帯の役割を持たせます。

▽既存の丸太梁、100年前の赤松です。

▽バリアフリー化の床高変更に伴い既存の丸太梁を上部に移動します。

▽そのままでは幅が大きすぎ納まらないので製材して再利用します。

▽少し形は変わりましたが、また元の場所へ戻ってもらいました。

▽補強工事が進行していきます。

▽耐力壁・金物等もしっかり取り付けて行きます。

カテゴリー: リノベーション, リフォーム, 耐震改修 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です