タグ : ゼロエネ

気密・断熱工事



▽気密工事中、外壁は構造用面材で気密層、天井は桁上の水平構面で気密層としています。

▽サッシは樹脂製のトリプルガラスの物を採用しました。

▽屋根仕上、ガルバリウム鋼板スタンディングシーム。

▽排熱用の頂側ドレーキップ窓から屋根の上に出られるように計画しています。
花火と流れ星を眺める為です。

▽充填断熱材には調湿性があり、熱容量の大きいセルロースファイバーを採用しています。
熱容量が大きいと室内の温度の変化を小さくし快適性を向上させます。
主に神戸新聞からできている・・・とか

充填の様子、隅々までびっしりと詰め込んで行きます


壁はセルロースファイバー105mm+グラスウール105mm、屋根は300mmの断熱層としています。
室内側防湿層には調湿性能のあるデュポン社のザバーン®BFを施工しています。

気密工事が完了した段階で隙間がないか検査を行います。

玄関・リビング・浴室・土間など外部建具にもオリジナルの木製建具を多用していますが
工夫を重ねて気密性能を向上させた結果。
C値0.7、n値1.48とまずまずの値でした。

許容応力度設計の基礎



▽コンクリート圧送車セットアップ

▽フレッシュコンクリートの現場受入検査を行います

▽流動性・空気量・塩化物量など規定の項目をチェックします

▽テストをクリアすればコンクリートの打ち込み開始
荷重、外力等根拠に基づいて設計された地中梁・スラブの構造、一般的な基礎とは全く違います



▽立ち上がり部分は熱抵抗値3.6m2・ K/Wの高断熱な物を打ち込みます

▽基礎の立ち上がり部分を貫通する配管の穴も構造計算で安全を確かめています

▽一部スキップとなってる半地下部分の防水工事
全てしっかりやっていきます

▽岩盤・段差・湧水いろいろあり苦労しましたが、基礎完成しました

▽コンクリートの硬化には十分な水分が必要なので数日間は急激な乾燥を防ぐため
しっかりと水分補給をしてやります