タグ : 断熱リフォーム

-リノベーション-


築約20年、離れのリノベーション。完成まで、もう少しとなっております。
その様子をすこしご紹介させて頂きます。

▽上下階をつなぐ階段室の製作の様子。


▽下屋を支える柱を撤去して広々リビングへと変身させます。

▽下屋の荷重を鉄骨梁で支えます。

▽全熱交換型24時間換気システムを床下に設置しています。花粉&PM2.5対応で安心ですね。

▽既存の外壁は土壁で無断熱でしたので高気密・高断熱住宅へ変身させるため
新たに内側に断熱材を隙間なく充填していきます。
このあと気密シートを隙間なく全面に施工します。

▽立派な松の丸太梁が使われていたのでインテリアのアクセントにしました。

▽階段の製作中です。壁から生えてくるような軽やかなイメージにしました。

▽リビングの木製建具の鴨居の製作中です。

▽鉄骨の加工場では、階段の手摺を製作しています。

▽細くシンプルな手摺です。

▽木工所では、建具の製作中です。


▽今回はタモ材で製作しています。無垢材の素材感がとてもよいと思います。




各々の職人の技術を結集して造りあげさせて頂いております。

-リノベーション-


新たなリフォーム工事が進行中です。

じゃんじゃん進めていきます。

↓こちらが・・・

↓こうなります。

↓こちらが・・・

↓こうなります。

いつもの通り、”耐震・断熱・バリアフリー”をしっかりやって行きます。

-現場近況-

断熱・耐震リノベーションの様子です。


▽玉石の上に建てられている部分は補強の為、土間コンを打って、それに柱をアンカーボルトで固定します。

▽リビングの部分は基礎断熱工法を採用して床下蓄熱暖房の蓄熱帯の役割を持たせます。

▽既存の丸太梁、100年前の赤松です。

▽バリアフリー化の床高変更に伴い既存の丸太梁を上部に移動します。

▽そのままでは幅が大きすぎ納まらないので製材して再利用します。

▽少し形は変わりましたが、また元の場所へ戻ってもらいました。

▽補強工事が進行していきます。

▽耐力壁・金物等もしっかり取り付けて行きます。

断熱・耐震リフォーム☆

性能向上リフォームスタートしました。
今回もかなり古い建物ですがピカピカに仕上げて行きます。
リフォームする時には外せない3本柱、断熱・耐震・バリアフリー、しっかりとやって行きます。

▽着工前の様子、100歳くらいでしょうか・・・

▽解体中
土壁の下のほうの表面がめくれています。
十年前の台風の時の浸水の跡のようです、改めて被害の大きさを感じました。

▽解体が粗方進んだ状態で現場を調査し、3次元で構造体をチェック。
青色の部分は間取りの変更に伴い撤去する予定の所です。

▽壁量計算等で構造の安全性を検討して補強計画を行います。
今回は耐震等級1相当です。鉄筋コンクリートの基礎、耐力壁をバランスよく配置していきます。

▽完成イメージパース
明るく爽やかな空間に生まれ変わると思います。