長期優良住宅 -そよ風の家-


▽リビング建具のガラスの搬入の様子です

▽Low-E複層ガラス日射取得型という物を選定しています
大きなサイズなので重量が130キロ近くありますが
ガラスのプロの手で難なく無事に取付ることができました

▽重量は130キロありますが特殊な戸車を使用しているので
建具の動きは大変なめらかです





▽太陽の光をたくさん取り込んで家の中を暖める天然の暖房装置となります

現場の様子 -三木の家-



▽リビングの吹抜建具、太陽の光がいっぱいに差し込みます。

▽吹抜に面する子供室の上部には
天窓のあるロフトを計画しています。

▽寝室にはルーフバルコニーを計画しています。

▽軽量でシンプルなガルバリウム鋼板瓦棒葺の屋根
 

そよ風の家 -外壁工事-


▽左官屋さんが外壁の仕上げ材の準備をしています。
火山灰から作られた自然素材100%の材料です。

▽コテで勢いよく塗り付けた後、

▽剣山のような道具で、

▽ガリガリと削りとります。

▽ひたすらガリガリ・・・

▽ガリガリガリガリ・・・全面隈なく削り取ります。

▽その名も掻き落し仕上げ。
独特のテクスチュアが大変美しいです。

現場の様子 -そよ風の家-


そよ風の家、また少し時間を遡って工事の様子をご紹介したいと思います。

▽玄関ドアの枠と郵便受
いつも玄関、リビングなどのその家のメインとなる建具は
その家に合った物を一品一品製作させて頂いております。

▽リビングの建具、左手前側は片引込腰窓、右奥側は片引込掃出窓です。

▽リビング

▽階段

▽バルコニー

▽吹抜


▽書斎-座卓

▽左官屋さんが外部の仕上げ工事の準備をしています。

長期優良住宅 -明るく暮らす家-


長期優良住宅  -明るく暮らす家- 着工しました

▽地鎮祭
工事の無事をお祈りして頂きました。

▽神主さんに儀式の意味合いを説明してもらいながら滞りなく進みました。

▽基礎の製作中です。

▽いつもの”高効率ヒートポンプ式床下暖房装置”
を採用するための地中梁形基礎です。
精度が求められるため、掘るのにも手間暇がかかっています。

▽作業は型枠の組立へと移って行きます。